キヤノン、「EOS 50D」の“マゼンタ傾向”を修正

EOS50Dを買ってから、日々鉄道写真を撮っていたら何となくマゼンタが強いな~と思いながら撮影していました。
早速ファームウエアをアップデートしてみました。下記のサイトでダウンロードできます。自己責任でアップデートしてください。
http://web.canon.jp/imaging/eosd/firm-j/eos50d/firmware.html
画像


デジカメWatchの記事
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090730_305878.html

キヤノンは30日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 50D」の最新ファームウェアを公開した。バージョン番号は1.0.7。

更新することで、下記の現象が解消する。

撮影シーンにより、撮影した画像が若干マゼンタ傾向となる。

メニュー画面中の4言語の誤表示。

ファームウェアの更新は、CFまたはUSB経由で行なう

"キヤノン、「EOS 50D」の“マゼンタ傾向”を修正" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント