急行はしだて

久しぶりにサボの写真です。急行はしだてのサボの写真が出てきました。当時の急行列車にはほとんどの列車にヘッドマークはなく、サボの写真をよく撮影しています。さてこの急行はしだて、昭和57年改正で廃止された急行大社(名古屋-出雲市・福井-出雲市併結運転)が、福井編成の福井~天橋立間に短縮された急行です。国鉄時代は面白い急行がたくさんありましたね。福井から北陸線、小浜線、宮津線(現北近畿タンゴ鉄道)経由の急行でっせ…それが大社の時代は、名古屋から東海道、北陸線、小浜線、宮津線、山陰線経由で出雲市まで行ってる列車があったんだよな~
ふと、昔の時刻表を見て楽しくなってきた。この3月で急行銀河は廃止、なはつき廃止等があり、楽しい列車がどんどんなくなっていくではないか…やっぱり国鉄時代が楽しかったな~
画像
急行はしだてのサボです。1982年12月5日撮影 たぶん敦賀駅

急行大社の写真も出てきました♪
画像
上り名古屋行 急行大社です。522レの展望デッキ?から撮影…この頃の旧客を知っている世代だとどこかわかりますよね、展望デッキ…この522レも遠路はるばる長岡を4:40分に出発しています。木ノ本駅で急行大社を退避。米原17:45分着です。やっぱり面白いです、国鉄時代。1980年4月29日撮影 木ノ本駅

"急行はしだて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント