宇高連絡船桟橋の写真が出てきた

また、発掘調査をやってみました。宇高連絡線の宇野側、高松側の線路が接合する桟橋の写真が出てきました。この線路を通って、貨物・荷物・郵便車などが連絡線に積み込まれていたのです。こんな写真よう撮っていたものですわ。しかし、これどないして、線路にピッタリあわせて接岸するんでしょうかね。
画像
宇野側です・・・

画像
連絡線が宇野を離れていきます・・・。

画像
高松側に接岸直前です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年03月19日 12:13
連絡線ってホントに列車を乗せるための設備があったんですね。
乗っけるのは貨車が主だったんですか?
2009年03月19日 12:34
気ままさん、貨車・郵便車・荷物車が中心でしょうね。車両の転配属なんかで客車や釜もあったのはあったでしょうけど。
とうこ
2009年03月19日 13:00
珍しい写真どうもですよ^^
レールを正確にあわせるって意味では海上給油や空中給油ぐらいのてくにっくがいるそうですね^^
2009年03月19日 13:09
とうこさん、このでっかい船をピッタリ軌道に合わせるですから、どんなテクでしょうかね。青函航路だともっと船が多きいいしね。
2009年03月19日 13:30
こんにちは。
また、凄い場所を撮影しましたね。今では考えられない連絡船ですね。
2009年03月19日 13:37
クッキーさん、こんにちは~
良くぞこんな場所撮っていあたもんですわ。探せばいろんな写真がでてくるね。
うみ
2009年03月19日 18:44
ワイヤーで巻ながら位置あわせだろうな?
海水面の誤差は上下で調整だけど 左右のバランス悪けりゃ 脱線だろな~
今はこの設備護岸 姿は無いですね 前に見に行きました~(宇野側)
ここに 昔は瀬戸20系が留置。 お昼ね。
2009年03月19日 20:41
これはまた昭和のかほりがプンプンするナイスな写真ですね~。
昨年、青森の八甲田丸を見学したときにレールの接続方法の説明を読んだような記憶があるんですが、歳が歳だけに(?)もう忘れちゃいましたw
2009年03月19日 21:12
うみさん、こんばんは~
ほんとうまい事接岸しおると思うわ。よう、脱線せんこっちゃです。
2009年03月19日 21:14
ogaogaさん、こんばんは~
あらら、大事なうんちく忘れちゃたんですか~
真相が知りたいね。
2009年03月19日 23:24
凄いですね~どうやって位置をキッチリ出すのですかね~?
2009年03月20日 05:42
てんてんさん、海面の高低差もあるし、どうやってるんでしょうかね。
2009年03月20日 22:10
こんばんは~
これはお宝画像が出てきましたね~!!!
昔は青函も宇高も連絡船だったのですよね。
それが今は、レールで完全につながっているとは・・・
2009年03月20日 22:17
ドラ猫さん、こんばんは~
レールで繋がってないほうが、いい時代だった気がしないでもない、今日この頃です。

この記事へのトラックバック